冒険に出かけても大丈夫!丈夫さで選ぶ時計

過酷な状況に耐えられる製品を

現在ではスマートフォンで時間を見る方が増えてきて、腕時計はファッションとして身につけている方が多くなってきました。しかし、ある程度の荒っぽい状況で時間を確かめるというのなら、スマートフォンはもちろん、ファンション系の腕時計も適切とはいえないでしょう。
もしも、冒険や激しいタイプのレジャーに腕時計を利用したいのなら、過酷な状況に耐性のある製品の購入をおすすめします。適当に選んだ腕時計を身につけてしまうと、風防(文字盤の上に装着してあるガラスの部分)が割れたり、本体が故障してしまうでしょう。腕時計が壊れてしまうと、時間と共に変わる状況の確認が難しくなるため、冒険や激しいタイプのレジャーを中止しなければいけないことだってありえます。

ショック耐性と耐水性が大事

腕時計を過酷な状況で使いたいのなら、まずはショックへの耐久性を調べることから始めましょう。ショック耐性があるものは、製品説明にきちんと記載されているので、調べるのはとても簡単です。ただし、ショック耐性があるからといって、風防が出っ張っているものはおすすめできません。いくら本体にショック耐性があるからといって、風防が割れてしまっては意味がないからです。
そして、精密機器の大敵となる水への対策として、耐水性も忘れてはいけません。腕時計によって耐水性は決まっていて、水に入れるとすぐに壊れる製品もあれば、50メートル以上の水深でも平気な製品も販売されています。そこまで深く潜ることはないと考えるかもしれませんが、水の流れが強いところで使う可能性があるのなら、浸水する確率が高くなるので耐水性がしっかりとしている腕時計を購入しましょう。

© Copyright Watches And Fashion. All Rights Reserved.